矯正された視力の維持は保証出来ない

レーシックは現時点の視力を矯正する治療法であり、矯正された視力の維持までは保証をしていません。
一般的な近視の場合、近視の進行は20代後半で止まると言われていますので、20代後半にレーシックを受けた人はまず視力が戻ること無いと言えます。

 

現在20歳未満の人がレーシックを受けたとしても近視が進行中だった場合には、一時的に視力が矯正されたとしても、元々の視力に戻ってしまうことがあります。
レーシックを考えてる方は、なるべく20代後半に受けるようにしましょう。
誰もが視力を回復させて、メガネやコンタクトに頼ることのない快適な生活を取り戻したいと思っていることでしょう。
何かと面倒くさいそのような視力補助器具を使用することなくレーシックでしたら普通に生活をすることが出来るようになるのです。 レーシックによって視力を回復することは可能ですが、生活習慣などによりましては再びレ ーシックを受ける時と同じ視力まで戻ってしまうことがあります。
またはレーシックを受ける時以上に視力が低下してしまうこともあるので注意が必要です。

 

全身脱毛 横浜、今すぐアクセス
全身脱毛 横浜
http://www.alldepi-yokohama.com/



矯正された視力の維持は保証出来ないブログ:21/01/10

娘は睡眠中に成長する。
日中に食べたご飯をエネルギーに変えて、
それを全身に送って体質を成長させていく。

そのため7時起きた時点で
膀胱には汚い水分が溜め込まれ、
大腸には体質全身から送られた老廃物と毒素が溜まり、
排尿や排便の時間を待っている。

7時は排泄の時間であって、ご飯の時間ではないので
排尿や排便を最優先させなければならない。

なので
娘が7時起きたら、
小便をさせ、大便をさせよう!

体質内の老廃物や毒素を全て出し切ればこそ、
ご飯を取ることができるようになるのである。

もしも排泄が終わっていないのに、
7時食をとってしまえば、
消化吸収は排泄を阻害するので、
娘は途端に排泄ができなくなってしまう。

7時起きたらコップ1杯水を飲んで、
排便を促すようにしよう。
娘の場合、これだけで排便しやすくなる。

また
排便は重力の力を使って押し出されるので、
7時起きたら、寝っ転がったり、座ったりさせないで、
体質を立たしておくことも大切。

辺りをウロチョロ動き回っていると、
重力が自然にかかってきて、ウンチが押し出されてくる。

気をつけるべきことは、
7時から子供にテレビを見させてしまい、
娘を座らせてしまうこと。

これをやると
ウンチがなかなか出なくなってしまうのだ。

また 
娘が小便や大便をしたら、
とにかく褒めてあげよう!

排便・排尿をすれば
母が喜んでくれるということが脳にインプットされると、
娘は自然に排便・排尿をして、
母を喜ばそうとする。

母が排便・排尿に無関心でいたら
娘はあえてしなくなってしまう。

排便・排尿をしたら、
大袈裟なくらい褒めてあげるようにすれば、
連日の排便や排尿がスムーズにいくようになる。