矯正された視力の維持は保証出来ない

レーシックは現時点の視力を矯正する治療法であり、矯正された視力の維持までは保証をしていません。
一般的な近視の場合、近視の進行は20代後半で止まると言われていますので、20代後半にレーシックを受けた人はまず視力が戻ること無いと言えます。

 

現在20歳未満の人がレーシックを受けたとしても近視が進行中だった場合には、一時的に視力が矯正されたとしても、元々の視力に戻ってしまうことがあります。
レーシックを考えてる方は、なるべく20代後半に受けるようにしましょう。
誰もが視力を回復させて、メガネやコンタクトに頼ることのない快適な生活を取り戻したいと思っていることでしょう。
何かと面倒くさいそのような視力補助器具を使用することなくレーシックでしたら普通に生活をすることが出来るようになるのです。 レーシックによって視力を回復することは可能ですが、生活習慣などによりましては再びレ ーシックを受ける時と同じ視力まで戻ってしまうことがあります。
またはレーシックを受ける時以上に視力が低下してしまうこともあるので注意が必要です。

 

全身脱毛 横浜、今すぐアクセス
全身脱毛 横浜
http://www.alldepi-yokohama.com/



矯正された視力の維持は保証出来ないブログ:21/02/12

「食べること」と「食べないこと」では
どちらの方が痩せるでしょうか?
…という質問をしたら、ほとんどの人は、
「食べないこと」と答えるでしょう。

わたしも昔は、そう思っていました。
実際、食べなければ、
ふつか三日で
1kg〜1kgは簡単に痩せますからね。

この思い込みから、
多くの人は食べないシェイプアップを始めます。
そして、すぐに痩せ始めます。
当然ですよね。
体質にエネルギーを入れずに、どんどん使うのですから…

しかし、人間の体質は良く出来ていて、
体質に蓄えていたエネルギーが突然減り始めると
エネルギーの節約が始まり、入ってきた食べ物から少しでも
エネルギーを取り込もうとし始めます。

このため、徐々に痩せにくい体質に変化し、
一生懸命にシェイプアップしても、
体重の減らない時期が始まります。
これが、停滞期の正体なんです。

さらに、十分にごはんを食べていないと、
栄養不足にもなってしまいます。
炭水化物などの消化は、
色々な栄養素が複雑に絡み合って行われているので、
栄養が不足していると、消化が十分に行われなくなるんですよ。

だから、
ちょっとしか食べていないのに、
体重が増えるという現象が起こるのです。

好きなスナック菓子も食べられない。
でも、体重は減らない。
ちょっとでもごはんを食べると、
体重は簡単に増えてしまう。
どんどんストレスはたまり、ついにはシェイプアップを断念!
そして、リバウンド。

このように
食べないシェイプアップは、
リバウンドを起こすと同時に、痩せにくい体質を作り出すのです。

一方、規則正しい食生活を送れば、
ストレスも溜まりにくくなり、
さらに太りにくい体質になれるのです。

明日はいい日だ。がんばろ〜^^