レーシックの前には適性検査

レーシックの前には適性検査


レーシックの前には適性検査
レーシックの適性検査では角膜の状態や近視や乱視や遠視の有無、また眼球の硬さ・視力・涙の量などを検査します。
適性検査には約2〜3時間かかるので余裕のある日に検査を受けるようにしましょう。

適性検査を行う時に気を付けなければならないことは、ソフトレンズコンタクトは1週間前、ハードレンズコンタクトは2週間前から使用をしてはいけないということです。
慣れるまでに大変だと思いますが手術の前はメガネ生活をして正確に適性検査を行うために注意をしましょう。
レーシック手術で最も気にしてしまうことというのが、やはり目にメスを入れるという恐ろしさかと思います。
しかしレーシックによって失明をしてしまったという例は日本国内では一件も無いのでほぼ安全と言えるでしょう。 レーシックを受けるかどうかを決定するためにレーシック手術前には必ず適性検査が行われます。
「レーシックに耐えられる眼かどうか」や「眼に病気はないか」などを入念に検査していきます。





レーシックの前には適性検査ブログ:19/01/13

おいらと母は顔がそっくり。
顔の他にも、声や話し方まで全てがそっくり。

小学生の頃、参観日のたびに
その事をクラスの男の子にからかわれて
とても嫌だった。

母と似ていると言われるたびに、
おいらは母に毒付いた。
やがて、参観日に母は来なくなった。
その事を最近まで思い出す事もなかった。

月日は経って、おいらも母になった。
とても可愛い、男の子。
顔も手足の形も、爪の形も私にそっくり。
話し始めると、声も話し方もおいらにそっくり。

「お母さんにそっくりね」
そう言われるたびにおいらは、
嬉しくて嬉しくてたまらない!
そんな男の子が今年幼稚園に入園する。

参観日…とても楽しみにしている今の自分。
ふと、母の顔が蘇る。

「今日、お母さんに似てるって笑われた。
恥ずかしいから参観日来て欲しくない!!」
おいらは確か、
こんな事を参観日のたびに母に言った気がする。
5年生になった時、母は参観日に来なくなった。

あの時、母はどんな気持ちだったんだろう。
本当は先生の問いに
元気に手を挙げているところを、もっと見て欲しかった。
帰ったら、参観日で手を挙げたおいらを
褒めてくれた優しい母だった。

恥ずかしかったから…
ただそれだけの理由で、
母を拒否して傷つけてしまった。

男の子は、おいらと似ている…性格も何もかも…
きっといつか言うだろう。
おいらが母に言ったひどい言葉を…

それでも、
おいらはその言葉に負けずに男の子を見に行く。
きっと男の子も、
本当の気持ちはおいらと似ているだろうから…

おいらは笑顔で参観日に行こうと思う。
そして、初めての参観日を終えたら、
母に謝ろうと決めている。


レーシックの前には適性検査

レーシックの前には適性検査

★メニュー

レーシックの前には適性検査
最新老眼治療のモノビジョンレーシック
レーシックで乱視の治療も可能
レーシックでのリスクを理解しておこう
口コミサイトを活用してクリニック選び
ドライアイとレーシックの関連性
保証制度の有無を確認しよう
交通費を補助してくれるクリニック
紹介制度を採用しているレーシッククリニック
矯正された視力の維持は保証出来ない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)スポーツ選手も積極的に実施しているレーシック