ドライアイとレーシックの関連性

ドライアイとレーシックの関連性


ドライアイとレーシックの関連性
ドライアイというのは眼の水分が少なくなり眼が乾いてしまう状態のことを言います。
レーシックは角膜を削っていくことになりますが、角膜には眼の水分を調節する神経が沢山あることからレーシック後にドライアイとなってしまうことがあるのです。

ドライアイは目薬をさしていくことによって自然に治まる場合が多くなっています。
元々ドライアイの人も適性検査をクリアすることでレーシックを受けることが出来ます。
オリンピックや数々のスポーツ大会で大活躍をしているスポーツ選手も続々とレーシック手術を受け始めています。
もうメガネなどに頼る時代は終わりました。これからはレーシックで視力を回復させる時代なのです。 レーシックとドライアイの関連性についての知識をまずはしっかりと理解しておく必要があります。
実際ドライアイの人はレーシックのクリニックでいろいろと相談をしてみるようにしましょう。





ドライアイとレーシックの関連性ブログ:19/01/13

ミーには小学生の男の子がいますが、
軽いハンディがありまして、
そのために療育的な指導というのを受けています。

一週間くらい前、その指導でお世話になっている方と
ゆっくりお話しする機会がありました。

その時に、
「お子様のことで何か困っていることはない?」と聞かれ、
思ったのが、
「学校の参観とか行くと、どうも切ない気持ちになる」
ということでした。

「どうしてそういう気持ちになるのかな?」と聞かれ

ミーが答えたことは、
「お子様のハンディは受け入れたつもりだけど、
やっぱり他のお子様たちと比べてしまうから切ないのかな、いや~でも…」

答えながら、
「うん?なんかしっくりこないなあ、本当のミーの気持ちはどこにある?」
という感覚になりました。
そしてミーはしばし黙って考えました。

それからミーは、涙の予感を感じ、
ハンカチをカバンから取り出し、目に当て…

「う~ん、なんかミーが小学生の時、教室ですごい孤独で…
教室にいる時、ミーは本当に孤立無援な感覚でいつもいたんだなって、
今、気がつきました…」
と、話している自分がいました。

だから、机の並んだ教室を見ると、
どこからともなく切ない気持ちが湧きあがってきた…
ということのようです。

孤独で、寂しくて、誰からも助けてもらえないと思い込んでいる
小学生のミーの気持ちが、
「つらいよ~、ミーの気持ちに気付いてよ~」と、
心の中から訴えてきていた…ようです。

誰にも助けてもらえないと思い込んでいたミーは、
誰にも助けを求めず、結果、周りからは
「しっかりしていて、助けのいらないお子様」に見えていたらしく、
逆に頼られてしまうという、ちょっとキツイ状況が生まれたのかな…
と思います。

ドライアイとレーシックの関連性

ドライアイとレーシックの関連性

★メニュー

レーシックの前には適性検査
最新老眼治療のモノビジョンレーシック
レーシックで乱視の治療も可能
レーシックでのリスクを理解しておこう
口コミサイトを活用してクリニック選び
ドライアイとレーシックの関連性
保証制度の有無を確認しよう
交通費を補助してくれるクリニック
紹介制度を採用しているレーシッククリニック
矯正された視力の維持は保証出来ない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)スポーツ選手も積極的に実施しているレーシック