交通費を補助してくれるクリニック

全国各地にクリニックを展開している大手の眼科医院が交通費の補助制度を実施しています。
補助金が支給される条件や金額はほぼ共通しているので上手に利用されると良いかと思います。

 

レーシックの交通費支給はクリニックの県以外のところから訪れることが条件となっていることが多くあります。
どんなに遠方だったとしてもクリニックがある県の場合は支給の対象外となるのでご注意ください。
どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。 レーシックを受ける患者さんの負担を少しでも和らげるためのサービスが最近では充実しています。
クリニックの中には遠方から訪れる患者に対し交通費を補助してくれる制度を設けているところもあるので確認をしてみると良いでしょう。

 

データベース サーバーcheck!
データベース サーバーは当サイトへ
https://cloudpack.jp/service/plan/database.html



交通費を補助してくれるクリニックブログ:20/11/12

わたしのお父さんは近所のお子様から
「調子乗りのおっちゃん」と呼ばれている。

お父さんは出勤時に
登校中の児童にむかっておどけてみせる。
それがお子様達のツボにはまるらしく、
みんな笑い転げるのだ。

わたしは、お子様の頃
恥ずかしくて仕方なかった。

ある日、道の角を曲がると
「ぐわあぁぁ」と叫びながら
倒れるお父さんと目が合った。

お父さんの目からは切羽詰った様子が伺え、
わたしはうろたえた。

しかしふと前を見ると
戦隊もののおもちゃを手にしたお子様たちがいる。
お父さんは戦隊ごっこの悪役をしていたのだ。

お父さんの切羽詰った様子は、
いるはずのないムスメと目が合ったこと、
しかしクライマックスの悪役が倒れるシーンを
全うしなければいけないという責任感の挟間から生まれたようだ。

わたしが大人になっても
お父さんは喜々として近所のお子様と遊んでいた。

わたしはお父さんの行動を諦めていたが、
やめて欲しい気持ちはおさまらなかった。

そんなお父さんが癌の告知を受けた。
本人は手術を拒んだが、幸い転移もなかったので
癌を摘出すれば短期間で治療可能、再発も無いとのことだった。

家族全員で摘出を勧め、
お父さんは文字通り泣く泣く承諾した。
陽気なお父さんが泣くのを見たのは初めてだった。

手術の日、わたしは施術後に立ち会えた。
運ばれてきたお父さんは薄く麻酔が効き、目は半開き…
そのお父さんの前で主治医から成功した旨が伝えられた。

ふとお父さんに目をやると、信じられない光景があった。
麻酔で眠っているはずのお父さんの手がいつの間にか布から出て、
ピースサインになっていたのだ。
その場は笑いに包まれた。

お父さんはいつでもどこでも
「調子乗りのおっちゃん」だった。

意識がほぼ無かろうが、
家族に大丈夫だと伝えようとして動いた手…
その温かさに笑っていたわたしの目から涙がこぼれた。