交通費を補助してくれるクリニック

全国各地にクリニックを展開している大手の眼科医院が交通費の補助制度を実施しています。
補助金が支給される条件や金額はほぼ共通しているので上手に利用されると良いかと思います。

 

レーシックの交通費支給はクリニックの県以外のところから訪れることが条件となっていることが多くあります。
どんなに遠方だったとしてもクリニックがある県の場合は支給の対象外となるのでご注意ください。
どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。 レーシックを受ける患者さんの負担を少しでも和らげるためのサービスが最近では充実しています。
クリニックの中には遠方から訪れる患者に対し交通費を補助してくれる制度を設けているところもあるので確認をしてみると良いでしょう。

 

データベース サーバーcheck!
データベース サーバーは当サイトへ
https://cloudpack.jp/service/plan/database.html



交通費を補助してくれるクリニックブログ:20/10/06

きのう久しぶりに、
オレはミートソースを手作りで作りました。

人参も、玉ねぎも、ピーマンも…
全ての野菜をみじん切りにするんですよね。

みじん切りをしていると、
オレはいつも思い出す出来事があります。

それは、小学校の低学年の時の事です。

オレが一人で、
家族の夕飯の支度をした
初めての事だったのではないかと思います。

学校で調理実習をやってご機嫌だったんですよね。
嬉しくなったオレは、
ママに夕飯はオレが一人で作るって言って
台所に立ったんです。

ところで!
みじん切りって、
あらゆる切り方の中で一番手間がかかりますよね?

そうです。
ろくに家事などやったこのない息子が、
玉ねぎのみじん切りをしているところを想像してください…
当然オレは、長時間、まな板の上で野菜たちと格闘していたのです!

学校で教えてくれる「みじん切り」って
短冊状に切って、それを細長く千切りにして、
さらに、細かく切っていきますよね…

かなり時間がたってからママが台所に現れ、
「まだ切ってたの」と苦笑い。

そして、短冊状ではなく、
斜めの細い輪切りにしてから、
千切りにして細かくしていきました。

その後が
当時のオレには感動的だったんですよね。

みじん切りにするときに、
包丁の先をまな板に固定して、
ざくざくと細かくしていく作業ありますよね。
ママはそれをやったのです!

息子ながらに、お〜すごい!!
と思いました。

今思えばどうってことないことなのですが、
そんなこと知らないオレは先生が教えてくれるままに、
一回一回切っていたのですから…

こうして、新しい技術を手に入れたオレは、
正味120分くらいかかったでしょうか、
それでも、なんとかミートソースが出来上がりました。