保証制度の有無を確認しよう

レーシックのクリニックを比較をする上での重要な判断となるのが保証期間です。
これは後々余計な費用をかけないようにするためには非常に重要な要因となるのでしっかりと比較をしましょう。

 

保証制度の中でも最高のものとされるのが生涯保証となります。
期間を設けずに一生涯再治療を保証してくれるこの制度は保証制度のなかでも魅力的なアフターサービスと言えるでしょう。
レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。 レーシックのアフターサービスの中でも最も重要となってくるのが保証制度となります。
レーシックを受けた後どの程度の期間無料で検診や再手術をしてくれるのかは眼科医院毎によって異なっているのです。

 



保証制度の有無を確認しようブログ:20/10/09

娘がどうして近視になるのかというと、
それは脂肪不足に原因がある。

視力を向上させていくためには
ビタミンAが有効なのだが、
このビタミンAは脂溶性なので、
からだ内の脂肪が不足すると、
それにつられてビタミンA不足に陥って、
近視になってしまうのである。

娘は脳を発達させるために、
脂肪を優先的に脳に回すので、
ご飯において脂肪が少ないと、
途端に脂肪不足に陥ることになる。

たとえ脂肪を摂取しても、
娘のおやつにおやつを与えていると、
脂肪の吸収を阻害してしまい、
脂肪を取っている筈なのに脂肪不足になる。

おやつを食べる娘ほど
近視になっていることが多いが、
これはおやつのために
脂肪の吸収が阻害されたからなのである。

また
視力は四六時中使用されるので、当然疲労する。
その疲労を取るのが、ビタミンB2なのだが、
このビタミンB2の天敵は、実は水である。

娘が喉が乾いたからといって
水を飲み過ぎていると、
からだ内のビタミンB2が奪われて、
視力が低下してしまう。

この手の娘は元気がないものだが、
水をガブ飲みしているから、
からだ内にビタミンB2が決定的に不足しているのである。

娘の目というのは、実はストレスに非常に弱い。
冷たい飲み物を飲み過ぎていると、
からだにストレスがかかり、腎臓が傷んでしまう。

娘に飲み物を与える時は
絶対に冷蔵庫で冷やした物を与えるのではなく、
常温の物を出すか、温めた物を出すようにすべきなのである。

精神的なストレスでは、
「強圧的な親子関係」が
娘の腎臓を傷めてしまい、
視力を下げてしまうことになる。

実際、近視になる娘の多くは、
ママがあれやこれやと非常にうるさいケースが少なくない。